スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【旅行記3】Frau Joanda Zipplingerの作品をご紹介します。

ヨランダ先生の作品を少しですがご紹介します。
素敵な作品がたくさんありました。
まずは、この家具がお宅にはいってすぐにありました。
Desinged and painted by Jolanda Zipplinger
(作品には著作権があります、無断転用禁止)

shrankjzs.jpg
All rights reserved by Jolanda Zipplinger(C)

ヨランダ先生の著書本を解読してみると、
ヨランダ先生は大の「けしの花」好きだそうです・・・
だからたくさん描くのが好きだ、と書かれていました。

まぁ!なんと単純な理由なんでしょう・・・
「好きなものをたくさん描くのよ、そしたら心も楽しくなるし
穏やかになる、」と言われてました。

鏡も・・・
オシャレ

kagami-jzs.jpg
All rights reserved by Jolanda Zipplinger(C)


私が大好きな、白い壁コーナ
実はこれは地下室。

kabe.jpg
All rights reserved by Jolanda Zipplinger(C)

マーレライの野の花

ヨランダ先生は、壁に額の絵を飾るときは4つを
ひとまとめで飾ると良いといわれていました

bathroom-jzs.jpg
All rights reserved by Jolanda Zipplinger(C)


客室のバスルームには、この椅子が二つ置いてありました。
とても広いんです!

小鳥のさえずりを聞きながら、朝シャワーを浴びました~!

atelier.jpg

この部屋は私の自宅アトリエ
先日のJDPAの作品も飾ってます。

今回、
ヨランダ先生の描く作品を数点日本に持ち帰りました。
先生になんとか、気持ちを伝えること、数時間・・・
(この数時間のために、数年のドイツ語の勉強をしました)

ヨランダ先生の生作品を実際に見ながら、
研究科レッスンで描いていただきます。

ヨランダの筆使い、彼女の息遣いまでも感じながら、
大胆かつ、繊細な作品を描きましょう

先生からのメッセージ

「日本の多くの方に、バウエルンマーレライを知っていただけたら嬉しいです」

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。